庭木の伐採を業者に依頼するならコチラ

庭木を植え替えたい、庭木を伐採したい、でも伐採するのが面倒だとお考えのあなた。

 

庭木の伐採は身長より低い木ならまだしも、身長より高い庭木などの大木を伐採するのは労力が必要です。
傾いた木のようにうまく思うように伐採できないこともありますし、木が倒れますので少なからず危険性もあります。
また、根や切り株や伐採した木を処理するのも手間が掛かります。

 

庭木を伐採する労力や手間を考えると業者に頼むのも1つの選択肢です。
業者に頼むと自分で庭木を伐採するより費用が掛かりますが、手間や労力を考えると業者に頼むほうが良い場合があります。
特に、庭木が大木の場合は尚更です。

 

 

庭木の伐採をどの業者に依頼するかお悩みのあなたに最適なサービスをご紹介します。
庭木の伐採が出来る業者をお選びの際のご参考になさって下さい。

庭木が大きく育ち過ぎた、植木が枯れてきた、植木が病気になった、倒木の恐れがある、管理が大変になってきた、景観が悪い、新しい庭木を植えたいので古い植木を伐採したい、このようなご要望をお持ちならば、庭木の伐採はプロの業者に頼むのが安心です。
庭木の伐採を1本だけでも依頼することが出来ます。

 

庭木の伐採を業者に頼めば、場合によって立ち合う必要があるかもしれませんが、それ以外の手間は掛かりません。
伐採した後の木の処理も業者に一緒に頼めば、こちらも手間いらずです。

 

伐採業者を案内するサービス

庭木の伐採をする業者を案内するサービスをご紹介します。

 

伐採110番

伐採110番は年間受付件数20万件以上のサービスです。
伐採110番の特徴は、

 

  • 伐採のプロが作業を担当
  • 迅速・丁寧な対応
  • 1本から対応
  • 安心な明朗会計
  • 24時間365日受付中

 

伐採110番からご近所の加盟店を派遣して伐採作業を行います。
庭木の伐採はプロが迅速かつ丁寧に対応をいたします。
また、伐採の本数は1本から対応しております。

 

安心な明朗会計が特徴です。
基本的に料金は、1本あたり木の高さ×リスク係数×5000円となります。
幹の太さによって費用が変動しますが、見積りが貰えますので安心です。
見積りまでが基本的に無料となっていて、見積りをみて伐採を行うか否かの判断をすることが出来ます。
見積りの他に相見積りについても相談出来ます。

 

申し込みの流れ

@以下のページにお進み頂き、問い合わせホームに必要事項をご入力下さい。
受付は年中無休で24時間体制で行っています。
A現地調査を行い見積もりを出します。
☆見積もりは基本的に無料です。
Bご予算を踏まえてご検討下さい。
C作業日を確定します。
D伐採のプロが作業開始。
E庭木の伐採作業を確認した後に代金のお支払い。

 

お申込み(問い合わせホーム)はこちらをご覧下さい。

↓     ↓     ↓

 

庭木の伐採を業者に頼んだ場合、伐採の手間は掛かりませんが費用が掛かります。
伐採や木の処理などの費用を見積もりを出して把握してみて下さい。

 

 

庭木の伐採を業者に依頼するメリットとデメリット

庭木の伐採を業者に頼むメリットとデメリットがあります。

 

メリットは、伐採のプロに頼みますので、丁寧に切ってくれてしかも安全に作業を行ってくれます。
また、伐採した庭木やそれに伴い生じたゴミなども処理してくれるケースが多いので手間がかかりません。

 

一方でデメリットは、費用が掛かることです。
費用は伐採する庭木の本数や高さによってことなりますが、低い植木であっても伐採費用は発生します。
業者が来る日に立ち合いをしなくてはいけないこともあります。
業者に伐採を依頼する時は見積りをとって料金を確認して下さい。

業者に頼まないでご自身で庭木の伐採を行うことも可能です。
道具さえあれば費用は掛かりません。
ご自身の都合に合わせていつでも好きな時に行えます。

 

しかし、ご自身で行った場合は、作業をしなくてはいけませんし、道具がない場合は揃えないといけませんので手間がかかります。
庭木の伐採に必要な道具は、チェーンソー、のこぎり、防護眼鏡、ロープ、滑車、ヘルメットなどです。
場合によってはケガをすることもあります。
また、切り方を間違えると切った木が倒れる方向が意図している方向と異なることがあります。
最悪、隣の家に木が倒れたり、ご自身の方向やご自宅に向かって倒れることがあります。
物損や周囲の人にケガを負わせてしまうリスクが生じます。

 

庭木の伐採を業者に依頼するケースとご自身で伐採するケースにそれぞれメリットとデメリットがあります。
庭木の高さが伐採を依頼するかご自身で行うかの境目となるのではないでしょうか。
身長くらいの高さの庭木を伐採するのなら太くはないでしょうからご自身で切ることができるかもしれません。
しかし、それ以上となると太かったりしますので、リスクが生じる可能性が高まるのではないでしょうか。

 

庭木の枝が隣の家まで伸びたら

庭木の枝が隣の家まで伸びたら迷惑が掛かります。

隣の家の庭木の枝が伸びてきた場合、隣の家の木の枝は勝手に伐採してはいけません
よって、隣の家まで庭木の枝が伸びてしまった場合、隣人は勝手に枝を切れません。
迷惑が掛かる前に枝を切ったほうがご近所トラブルにならにで済みます。

 

また、庭木の枝が道路に出ているケースも通行者や通行車に迷惑が掛かります。

 

いずれにせよ、枝が伸びているから迷惑が掛かる他に、落ち葉や花びらや種子が落ちてしまうことも考えれます。
また、病気にかかっている植木、虫が発生している植木が隣にまで伸びていたら、隣人は良い気分ではないのではないでしょうか。

 

庭木の枝が隣の家まで伸びてしまっていたら、早めに伐採や剪定などの対応をなさったほうがよいではないでしょうか。

 

木の根は抜くのが大変

庭木を伐採した後で切り株や根が残ります。
植木を伐採した跡で切り株や根を残すのならよいのですが、切り株や根も処分したい場合は伐根をするようです。

 

庭木を伐採した跡に建物を建てる、新しい庭木を植えるなどの場合は伐根をするようです。
古い木の根が新しい木が摂るはずである土に養分を摂ってしまうことがあり、新しい庭木が十分に育たないこともあります。
また、切り株を残したままにすると害虫が巣を作ることがあり、駆除をするのが大変になることもあります。

 

よって可能であれば木の根は抜いたほうがよいです。
しかし、自分で根を抜くのは大変な作業となります。
庭木の大きさにもよりますが、伐根は木を伐採する作業より大変です。

 

樹木の根は小さい木でも地中に張り巡っています。
背の高い樹木が強風でも滅多に倒れないのですから、根の張り具合は相当なものです。

 

よって、伐根をする場合は専門の業者に相談して根を抜く作業を依頼することが費用は掛かりますが手間が省けます。
業者に依頼をする際は、切り株の処理もしてもらえるのかを合わせて確認をなさってみて下さい。

 

 

 

 

更新履歴